屋久島 ゆたか農園 パッションフルーツ屋久島 ゆたか農園 パッションフルーツ

ゆたか農園のパッションフルーツができるまで@屋久島ゆたかさんのパッションフルーツ

HOME > パッションフルーツができるまで

屋久島ゆたか農園へ訪れたお客様

パッションフルーツゆたか農園1年の作業を紹介します。

屋久島ゆたかさんのパッションフルーツ@ゆたか農園
1月~3月

 牛糞を主体とした肥料を2回やります。
その後耕うん作業を
1回行います。

屋久島ゆたかさんのパッションフルーツ@ゆたか農園
1月~3月

 最も難しい「せん定作業」 早ければ花芽は下に、遅ければ花芽はつきません。

屋久島ゆたかさんのパッションフルーツ@ゆたか農園
3月~4月

「さし芽」
優良株の新芽の枝を切り、ひと節ごとにカッターで切り培養土に差し込みます。

屋久島ゆたかさんのパッションフルーツ@ゆたか農園
4月~5月

 ススキを切り、軽トラで運んでカッターで小さく切断したものをクッションに利用します。(熟して落下した実が傷つかないようにするため)このススキは収穫が終われば大切な肥料になります。

屋久島ゆたかさんのパッションフルーツ@ゆたか農園

屋久島ゆたかさんのパッションフルーツ@ゆたか農園

屋久島ゆたかさんのパッションフルーツ@ゆたか農園
4月~6月

「毎日受粉作業」
雄しべの花粉をめしべの花粉に、一個一個手作業で受粉します。受粉が成功すると実が膨らんできます。

屋久島ゆたかさんのパッションフルーツ@ゆたか農園
6月~8月

「毎日収穫作業」
一輪車で作業小屋へ運んでタオルで汚れを拭き、選別・計量・箱詰めなどをしてお客様のもとへお送りします。

屋久島ゆたかさんのパッションフルーツ@ゆたか農園

屋久島ゆたかさんのパッションフルーツ@ゆたか農園

屋久島ゆたかさんのパッションフルーツ@ゆたか農園
8月~9月

「定植」
収穫が終わったらさし芽した苗木を定植、
2年ごとに植え替えています。

屋久島ゆたかさんのパッションフルーツ@ゆたか農園

屋久島 ゆたかさんのパッションフルーツ 注文フォーム

屋久島ゆたか農園ロゴ

ご注文はこちらより
ゆたか農園について
生産者紹介
パッションフルーツができるまで
おすすめの食べ方
ご利用ガイド
お問い合わせ

屋久島 ゆたか農園 パッションフルーツ